炭火焼肉味道源

炭火焼肉味道源の最新情報

コラボん祭 3 〜食から東かがわを盛り上げる〜
jUGEMテーマ:グルメ

第三回のコラボん祭、無事に3日間やり遂げる事ができました。
初日だけは提供に時間がかかり、お待たせしてしまいましたが、2日目、3日目はおおむねテンポ良く料理を提供できたかな、と、思います。
 
来てくださったお客様には、「美味しかったよ。」「またやる時は声をかけてね。」と、喜んでいただき、深夜までの仕込みで、溜まった疲れも吹き飛びました。
やはり、やるごとにコラボ料理の質も上がっており、
今までで最高のクオリティの料理を提供できたと思っています。(^^)

コラボん祭3 春から夏へ
〜季節の移り変わりを、料理の流れに乗せて〜

ソフトカクテル2

東かがわ産 さぬき姫のジュース



桜豆腐

さくら豆腐 ジュンサイあん テールスープ仕立て



前菜

前菜
生蛸のカルパッチョ  鰆の白子焼  焼き穴子のマリネ  
さぬき夢豚 金時まんじゅう  とろとろ肉の新キャベツ巻  
ゴルゴンゾーラのカナッペ  こんちゃん農園 アスパラのムース



椀

鱧とポルチーニの出会い 澄まし仕立て



刺し

お造り
つるわ港祥希丸の鰆 三本松港の鰈 高知直送の鰹など



アメリケンソース

鰆のミルフィーユ仕立て 瀬戸小海老のアメリケンソース



ローストビーフ

讃岐オリーブ牛のとろけるローストビーフ
・醤油麹ソース ・白トリュフソース ・フレッシュトマトソース



パスタ

一心・Passoの海香る濃厚パスタ


にぎり
一心の創作にぎり
鰹の塩たたき 細魚昆布じめ 蕪 黒毛和牛タン塩 など

デザート 

デザート
・カスタードブリュレ和三盆のキャラメリゼ 
・メロン スイカ 甘夏 さくらんぼのゼリー掛け
・チョコレートガナッシュ

Passoのブルーマウンテンor紅茶


3人

3日間やり遂げて、抜け殻状態の3人。疲れきっています。(^^)

次回はさらに進化した料理、東かがわ市の名物になる様な料理を
生み出したいと考えています。see you again!(^^)

味へのこだわり |2013.05.23 Thursday|
春のコラボん祭
JUGEMテーマ:日記・一般
いよいよ春のコラボん祭の日まで、1か月を切りました。
ゴールデンウィークを乗り越えたら、あっという間に当日でしょう。^_^;
早く献立を煮詰めないと!と、少し焦ってきています。

今回のテーマ「春から夏へ」の下に、コースの中で
季節の移ろいを感じてもらえるような構成にしようと考えています。
まだ煮詰まってはいないのですが、このブログで、献立を密かに公開します。(^^)

コラボん祭3 お品書き(仮)

食前果

東かがわ産 さぬき姫の健康ジュース

先付

桜豆腐 ジュンサイあん

前菜

瀬戸生蛸のカルパッチョ
カリとろ白子焼き
渡辺水産の鰻燻製
牛ほほ肉の韓国風ロールキャベツ
讃岐牛レバーのテリーヌ
旬菜のバーニャカウダ
焼筍ベシャメルソース



鱧とポルチーニの出会い 清まし仕立て

造り

初鰹 鱚昆布〆 針イカ 鱧焼霜造り
ザブトン イチボ炙り ミノ スナックエンドウ・イクラ

パスタ

ニシ貝の雲丹クリームパスタ

蒸し物

讃岐牛テールの玉〆 トリュフソース

魚料理

鰆のミルフィーユ 瀬戸小海老のアメリケンソース

肉料理

讃岐オリーブ牛・芯ロースのローストビーフ

創作にぎり寿司

タン塩にぎり ユッケ軍艦 焼き穴子のマリネ
鰆チーズ 焼き茄子トマトソース

デザート

さくらんぼ・スイカ・メロン・ルビーのゼリー寄せ
カスタードブリュレ
チョコレートガナッシュ

passoのコーヒーor紅茶

あくまで仮のメニューですので。 当日は、もっと練りこんだ良い料理をお出しします。(^^)お楽しみに!
味へのこだわり |2013.04.21 Sunday|
あけましておめでとうございます。
JUGEMテーマ:日記・一般

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

平成25年も、どうぞよろしくお願い致します。

40歳の体に鞭打ちながら、年末年始をなんとか乗り切り、

落ち着いてきたところです。

働き盛りの、40代、これからも、益々お客様に喜んでいただける様に

努力を重ねていきたいと考えています。


今春には、前回も好評をいただきました、

寿司一心 イタリアンPassoとのコラボ祭りを開催します。

今までの「秋」の開催とは、また違ったコラボ料理を提供できると考えています。

興味のある方は、いつでもお尋ねください。


本年も、皆様にあふれる幸福がある事を願っています。




 
マスターの日記 |2013.01.14 Monday|
味道源のこだわり13 極味kiwami 誕生

「焼肉」は、吟味したお肉をお客様に提供し、

自分自身で好みの焼き加減で焼いてもらい、

”焼きたて”を食べる、一つの究極のお肉の食べ方、と言えます。


この度、味道源は、新たにもう一方の究極の肉料理として、

お肉の味を引き立てる「一手間」を加えてから、お客様に提供するコース料理

「極味」kiwami を誕生させました。


大きな表題を掲げてしまいましたが、味道源はこれからこのコースを通して、

味道源の続く限り、肉料理を極めるために精進していきたいと考えています。




       味道源特別コース 「極味」kiwami          

                    ある日のお品書き


                       食前菜

                 自家製・生搾り野菜ジュース




                        前菜

       ・牛肩肉の煮込みバルサミコソース ・阿波尾鶏の燻製

           ・ミノのキムチ ・焼き筍 ・たたき新ごぼう




                            椀

                  テールスープの茶碗蒸し仕立て




                     食べ比べ 二皿

      佐賀牛七輪焼き三種盛り ・芯ロース ・リブロースかぶり ・イチボ





        黒毛和牛ホルモンの三種盛り ・ホソ ・赤センマイ ・ミノ



                         生菜

                 野菜サラダ・自家製ドレッシング




                        煮込み

                 和牛ハラミの新キャベツ巻き




                      ステーキ

           シャトーブリアンのステーキ・白トリュフソース




                        寿司

                     黒毛和牛の握り




                        スープ

                  牛のスープ・カッペリーニ




                        デザート

              自家製アイスとフルーツの盛り合わせ




値段は¥8400になっています。

見ていただければ、解ると思いますが、お肉だけで無く、

野菜もバランス良く取れるコースになっています。

その上、これだけの黒毛和牛の部位を、一度に味わえるコースは、

他に無いのではないでしょうか。

焼肉屋だからこそ出来る、焼肉屋でしか食べられないコース料理です。


一度にたくさん創る事ができません。

最大8名様までの予約の受付になっています。

よろしくお願い致します。


お客様に、「美味しい幸せ」を感じていただきたい。その思いを込めて。

                                         店主敬白









味へのこだわり |2012.04.26 Thursday|
味道源のこだわり12 生搾り野菜ジュース

味道源に新メニューができました。(^^)


牛肉は、良質のたんぱく質と脂質に恵まれると同時に、

ナイアシン、、ヘム鉄、亜鉛、リンなどのミネラルも豊富な食べ物です。

一方で、欠点と言えば、高カロリーであると言う事につきるでしょう。

しかし、この欠点も、食べ合わせで、かなり軽減する事ができます。

1、玉葱やニンニクを一緒に食べ、硫化アリルとアリシンを取る。

2、香辛料を使い、エネルギー代謝を高める。

3、野菜を一緒に取る。

などです。

でも、解っていても、野菜サラダなど、なかなか必要量を食べれないものです。

お客様に味道源のお肉を食べて、元気で健康にになってもらいたい!との思いから、

生搾り野菜ジュースをメニューに誕生させました。



野菜サラダは食べづらい方でも、野菜ジュースにする事で、必要量を一息で飲む事ができます。

有機人参、国産レモン、フルーツトマトなど、その時の新鮮な野菜とフルーツを使って作ります。



もちろん、味道源の自家製ですから、市販の野菜ものとは効果がまったく違います。

低速ジューサーで搾った「搾りたて」ですから、野菜の命が生きているのです。



お食事前に(中でも)、1杯飲んでいただければ、余分な塩分やカロリーの輩出を促してくれます。

強い抗酸化作用と、豊富な食物繊維は、美肌効果抜群です。

美味しく食べて、健康になってくださいね!(^^)






味へのこだわり |2012.03.11 Sunday|
| 1/9PAGES | >>

味道源「讃岐・味の源」オンラインショップ